合気道 昭和道場

公益財団法人 合気会 公認道場  英語のサイトへ     文字サイズ変更 


<指導員>

大津誠 七段 道場長 月曜日・第2・5日曜日・入門コース・月曜日少年部担当伊丹康人 七段 審査委員長 水曜日・第3日曜日・水曜日少年部担当
指導者大津誠昭和39年合気会入門、早乙女貢先生(現在米師範)の指導を受ける。初段取得後まもなく渡米、シカゴ道場で稽古の傍らイリノイ大学で合気道クラブを作り指導開始。その後カナダへ移住、サスカチワン大学で合気道クラブを作り指導。昭和58年帰国、昭和道場に入門し、南山大学、その後中部大学で合気道部顧問として指導。平成24年大脇道場長引退とともに昭和道場・道場長就任。ここ数年、夏期にはカナダの2道場で短期指導をしています。 指導者伊丹康人 昭和39年日本大学工学部入学後合気道部に入部、金井師範・有川師範の指導を受ける。卒業後合気道昭和道場にて大脇道場長のもとで指導開始。その後一時広島へ転勤、広島工業大学にて指導に携わる。名古屋に帰郷後昭和道場での指導のほかに、名古屋市内1団体、三重県紀北町1団体、愛知県江南市1団体で指導にあたっています。
袖野広平 七段  金曜日・第1日曜日担当渡辺照平 七段  土曜日担当
指導者袖野広平 昭和52年昭和道場入門以来約40年、その間他の合気道団体での稽古を含め、幅広い経験を有する。幅の広いのびやかな技法が特徴。また柳生新陰流兵法剣術を20年以上修行し、剣の理合いから合気道技法の解説を行う。仕事が会社経営であることにもより、貫録のあるおおらかな雰囲気の指導者です。 指導者渡辺照平 大学合気道部で岩田一空斎師範に師事、合気道の不思議さに魅了され、卒業後も大学で後輩の指導。昭和道場には昭和60年に入門、合気道を通じて心身ともに強くなることを目的に武道精神の鍛錬に励んでいる。稽古では常に実戦を意識した指導を行っています。
玉谷卓三 六段  土曜日担当磯村泰郎 五段  第4日曜日担当
指導者玉谷卓三 昭和63年昭和道場入門。空手の有段者でもあり、稽古に対する厳しさは並々ならぬものがある一方、人柄は穏やかで親切な指導には定評があります。 指導者磯村泰郎 大学時代に合気道を始め、卒業後平成12年から現在まで昭和道場で稽古を続けている。礼儀を重んじつつも、体力・運動能力に合わせた、怪我のない合気道の稽古を心掛け指導しています。
亀澤英生 五段 
指導者亀澤英生  平成10年昭和道場入門以来、豊富な稽古量と抜群の運動神経で鍛錬を続け16年で五段へのスピード昇格。技の「切れ」だけでなく、軽快な「受け」にも定評。「楽しい稽古」をモットーに後輩の指導に当たっています。

<副指導員>

伊藤高司 四段  土曜日担当西尾匡寛 四段  
指導者伊藤高司 平成12年昭和道場入門。「受け上手は取り上手」「受けができない技の取りはできない」など受けの重要性を強調しつつ、各自の良さを引き出せるような指導を心掛けています。 指導者西尾匡寛 昭和59年昭和道場の少年部へ入門、大脇道場長から直接指導を受ける。その後海外留学等10数年のブランクを経て平成18年に一般部へ復帰。四段取得後は自身の研鑚に励むだけでなく後輩の指導にも当たっています。
山田幸雄 四段  土曜日担当田中千雄 四段 
指導者山田幸雄 平成14年昭和道場入門、細身、軽量だが、地道に稽古を続け昨年四段に昇格。常に実戦を意識して自己の稽古・後輩の指導に励んでいます。 指導者田中千雄平成10年昭和道場入門、40代後半で初歩から稽古を開始。大変研究熱心で、数年間にわたり他道場でも研鑽を積んだ後、この度四段に昇格。懇切丁寧な後輩の指導には定評があります。
竹内 章 三段  月曜日少年部担当
指導者竹内 章 平成17年昭和道場入門。小・中学生にわかりやすい説明と、レベルに応じたきめ細かい指導で稽古生に慕われている。企業経営者としての豊富な人生経験から、合気道だけでなく人間関係等についても適切な指導をし、また父兄に対しても稽古生の状況について適切なフィードバックを与え、強い信頼感を得ています。

このページの上に戻る